レビュー

Surface Pro 7レビュー|完成度が極めて高い2in1ノートPC

Surface Pro 7

マイクロソフトが販売する2in1ノートPC、Surface Pro 7(Core i7搭載モデル)をお借りしたので特徴や性能について詳しくご紹介します。

A4用紙とほぼ同じ大きさの薄型・軽量ボディに、ハイスペックCPUと大容量メモリを搭載。

仕事はもちろんプライベートでも活躍する、おしゃれなノートPCを探している方は、ぜひご覧ください。

Surface Pro 7の特徴

Surface Pro 7

Surface Pro 7がどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

万能に使えるハイスペックPC

A4用紙とほぼ同じ大きさ

鮮やかで見やすい広色域モニター

イラスト用途でも非常に快適

スペックだけ考えると割高

インターフェイスが最小限

基本的なスペックから順にご紹介します。

スペック

CPUやストレージ容量など、お借りしたパソコンの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-1065G7
GPUIris Plus Graphics
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ256GB NVMe M.2 SSD

パソコンの総合的な性能をチェックするベンチマークソフト、PCmark 10のスコアは4,188でした。

PCmark 10のスコア

Digital Content Creation(動画や写真の編集など)のスコアはあまり高くないものの、ExcelやWordなどの事務仕事はサクサクこなせるスコアです。

CPU

搭載されているCPUはIntelのCore i7-1065G7。

4コア8スレッドでプロセッサー動作周波数は1.30GHz(最大3.9GHz)、TDP(CPUの最大消費電力は15Wと省電力。

詳しいスペック面は、CPU-Zの結果をご覧ください。

CPU-Zの結果

主なノートパソコン用CPUと、ベンチマーク結果(CINEBENCH R15)を比較した結果は以下の通り。

CINEBENCH R15 スコア比較
Core i7-10750H
1,382
Core i7-1065G7
730
Core i7-10810U
718
Core i5-10210U
530

ゲーミングノートなどのハイスペックノートPCに搭載される、末尾に「H」を冠するモデルには敵いませんが、薄型ノートPC向けのCPUとしてはなかなかのハイスコアです。

GPU(グラフィックス)

GPUはCPU内蔵型のIris Plus Graphics。

GPU-Zの結果

ベンチマーク(Fire Strike)のスコアを比較すると以下の通り。

Fire Strike スコア比較
AMD Radeon Graphics
3,241
Intel Iris Plus Graphics
1,824
AMD Radeon Vega10
1,504
Intel UHD Graphics
1,230

薄型ノートPCとして考えると、そこそこのスコアです。

CPU内蔵型のGPUは、伝統的にAMDが強いです。

ストレージ

ストレージはNVMe M.2 SSDを搭載。

転送速度をCrystal Disk Markでチェックしたところ、読み込みで約1,926MB/sとまずまずのスコアでした。

Crystal Disk Mark

書き込みは速度が落ちていますが、実用上気になる場面はほとんどないでしょう。

ラインナップ

Surface Pro 7はCPUとメモリ、ストレージによって値段が大きく変わります。

主なスペックと価格をまとめました。

CPUメモリストレージ価格(税別)
Core i34GB128GB109,780円〜
Core i58GB128GB131,780円〜
Core i58GB256GB153,780円〜
Core i516GB256GB193,380円〜
Core i716GB256GB204,380円〜
Core i716GB512GB247,280円〜
Core i716GB1TB295,680円〜

Amazonで買い物をしたり、Netflixで動画を見る程度の用途なら、Core i3搭載モデルで十分快適に使えます。

ExcelやWordを使ったり、事務仕事がメインならCore i5以上がおすすめ。

タイプカバーとペンは別売りで、それぞれ価格は以下の通り。

タイプカバー
タイプカバー

18,040円~

ペン
ペン

12,980円

ペンはともかく、タイプカバーはほぼ必須といえるアイテム。

アクセサリにかかる費用も考えて、最適な1台を選びましょう。

貸出機のため、ペンやタイプカバーにシールが貼ってあります。

まとめ買いセットがお得

Microsoft Storeでは、Surface Pro 7本体と同時購入で、タイプカバーやペン、マウスなどのアクセサリが最大40%OFFになる限定セットが販売中。

量販店でもSurface Pro 7は買えますが、タイプカバーなども購入されるならMicrosoft Storeがお得です。

デザイン・大きさ

Surface Pro 7の大きさ

ここからはSurface Pro 7の外観を見ていきます。

本体サイズは292×201mmで、A4用紙(297×210mm)とほぼ同じ大きさ。

分厚さもたったの8.5mmしかないので、ノート感覚で持ち運べます。

裏面
表面

Surface Pro 7単体は、タブレットとして使用可能。

今回はSurface Pro Signature タイプカバー(ポピーレッド)もお借りしたので、合わせてご紹介します。

タイプカバー
タイプカバー

タイプカバーは別売りですが、ノートPCとして使うことを想定しているなら購入はマスト。

Surface Pro 7
Surface Pro 7

タブレットのように使うつもりでも、持ち運ぶ際に画面を保護できるので、タイプカバーの購入をおすすめします。

スタンド
強力なヒンジ

立てかける際は背面のスタンドを使用。

何とも貧弱に見えますが、見た目以上にしっかりしています。

タイプカバーとの接続

タイプカバーはマグネット式になっていて、コネクタを近づけるだけでビタっと固定されます。

本体のみの重量
タイプカバーつきの重量

Surface Pro 7単体の重量は実測で約780g、タイプカバーをつけると約1kgでした。

搭載されているスペックを考えると、非常に軽く感じます。

ACアダプター

ACアダプター

ACアダプターはとてもコンパクト。

これだけ小さいと持ち歩くときも苦になりません。

USBポート

USBポートがついているため、スマホなどの充電に使えるのも便利。

ACアダプターの重量

ACアダプター単体の重さは実測で約300gでした。

仕様上のバッテリー駆動時間は最大10.5時間とたっぷりですが、バッテリーの持ち方はパソコンの使い方次第。

長時間外出するときは、ACアダプターも一緒に持ち歩くことをおすすめします。

インターフェイス

ここからはインターフェイスを見ていきます。

USBポート
  • USB Type-C
  • USB Type-A

USB Type-Cは給電に非対応でした。

電源ボタン周り
  • イヤホンジャック
  • 電源
  • ボリューム
カードリーダーなど
  • Surface Connect ポート
  • microSDXC カードリーダー

ACアダプターはSurface Connect ポートにつなげて使用。

SDカードを読み込みたい場合は、別途カードリーダーをつなげる必要があります。

無線LANはWi-Fi6、Bluetooth5.0に対応。

Webカメラ

Webカメラも両面に搭載。

背面は8MPのオートフォーカス機能付きカメラで、表面は5MPと画素数が少なめ。

いずれも1080p、フルHDでの撮影に対応しているので、Web会議などで活躍します。

薄型ノートPCの宿命ですが、インターフェイスは最小限のものしかありません。

用途に合わせてUSBハブなどを用意しましょう。

キー配列

タイプカバーの配列

タイプカバーのキー配列はテンキーレスタイプ。

配列のクセも少なく、強めにタイプするとグラつく感じはあるものの、ポコポコと軽い打鍵感で想像以上に打ちやすいです。

タブレット用の薄型キーボードはグニグニとした打鍵感のものも多いですが、さすがは約2万円の純正品というべきか、気持ちよくタイピングできます。

タッチパッド

タッチパッドも搭載で、一般的なノートPCと同じように操作ができます。

バックライト

この薄さでバックライトを搭載しているのも正直驚きました。

輝度はそれなりですが、暗い場所で操作するときもミスタイプを防げます。

ディスプレイ

ディスプレイ

12.3インチのPixelSenseディスプレイで、解像度は2,736×1,824とフルHD(1,920×1,080)より高め。

縦横比も3:2と、一般的なノートPC(16:9)と比べると縦長です。

筆者の勝手な推測ですが、A4用紙の縦横比に近づけたのではと思われます。

10点タッチ対応で筆圧検知にも対応、別売りのペンはもちろん指で操作することも可能です。

最近はナローベゼル(狭額縁)のノートPCが増えてきているため、ベゼルが太めなのは少々気になるポイント。

映り込み

光沢(グレア)タイプは好みが分かれそうなポイント。

電源OFFの状態だと、鏡のようにくっきりと映り込みます。

写真や動画はきれいに表示できますが、使用環境によっては室内灯などが映り込んでしまうため、ストレスを感じる場面が増えます。

反射が気になる方は、ノングレアタイプの保護シートを別途買いましょう。

sRGBカバー率98%の広色域

色域のグラフ
ガンマカーブ

i1 Profilerでディスプレイの色域をチェックした結果は以下の通り。

Surface Pro 7の色域
  • sRGBカバー率:98.1%
  • AdobeRGBカバー率:72.8%

薄型・軽量ノートPCとしては非常に広い色域です。

肉眼で見ても写真や映像がとてもきれいなので、ちょっとしたデザイン業務なら十分使えるでしょう。

カラープロファイル

ちなみにカラープロファイルは、sRGBからエンハンスに変更も可能です。

エンハンスはiPhoneなどの色合い(Display P3)に近づけたプロファイルで、若干コントラストが高くなります。

動画などを楽しむならエンハンスでもいいと思いますが、イラストや画像加工など、色を扱う作業ではsRGBがおすすめです。

イラストやゲーム性能の検証

Surface Pro 7

イラストやゲーム用途の性能もチェックしました。

AdobeのCreative Cloudは何度試してもエラーでインストールできず、未検証です。

イラスト・漫画制作

Surface Pro 7でイラスト

専用ペンでCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)を試したところ、動作もサクサクで非常に快適でした。

今まで筆者は「イラスト用途はiPad Proが最強」と思っていましたが、同等以上の書き心地です。

筆圧も適切に検知しますし、ペン先のラグも体感ではほぼゼロ。

「タブレットでイラストを描いてみたいけど、iOSはちょっと・・・」

という方にSurface Pro 7はドンピシャにハマりそう。

ペンがくっついた状態

ちなみにペンは、本体側面にマグネットでくっつけることが可能。

ペンだけで1万円以上しますから、紛失を防ぐためにも有効活用しましょう。

ゲームのベンチマーク

パソコンの負荷が軽いベンチマークソフトを走らせたところ、ドラクエXのような極めて軽いゲームなら、それなりに動かせるようです。

FF14は標準品質ならギリギリ動かせるかもしれませんが、どうしても動かしたいなら解像度をフルHD以下に落としたほうがよいでしょう。

フォートナイトのような3Dゲームをサクサク動かせるだけのパワーはないので、本格的にゲームがしたい方は素直にゲーミングパソコンを買ってください。

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質1370(設定変更が必要)
高品質1959(設定変更を推奨)
標準品質3031(やや快適)

ドラゴンクエストX

DQXベンチマーク
最高品質5887(快適)
標準品質6967(快適)
低品質8260(とても快適)

価格相応の完成度の高さ

Surface Pro 7

最後にもう一度Surface Pro 7の特徴をおさらいします。

万能に使えるハイスペックPC

A4用紙とほぼ同じ大きさ

鮮やかで見やすい広色域モニター

イラスト用途でも非常に快適

スペックだけ考えると割高

インターフェイスが最小限

筆者は今回はじめてSurfaceシリーズを触ったのですが、とても完成度の高い2in1ノートPCだと感じました。

他社のノートPCとスペックだけで比較すると割高感は否めないものの、サイズ感やデザイン、使い心地を考えれば納得感があります。

サブPCとしてはもちろん、Core i5以上ならメインPCにもなりえます。

イラストが好きな方なら簡易的な液タブとしても使えますし、幅広い用途で活躍するでしょう。

毎日気軽に持ち運べる、ハイスペックな薄型・軽量ノートPCを探している方は、Surface Pro 7を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。