レビュー

ロジクールPRO G-PKB-001レビュー|テンキーレスのゲーミングキーボード

ロジクール PRO G-PKB-001

ロジクールPRO G-PKB-001というテンキーレスのゲーミングキーボードを購入しました。

仕事にも使えそうなゲーミングキーボードを探していたところ、Amazonで安くなっていたので買ってみたのですが、なかなか使いやすいです。

どんなキーボードなのか詳しくご紹介します。

eスポーツ対応のゲーミングキーボード

PRO G-PKB-001はeスポーツにも対応した、プロ仕様のメカニカルゲーミングキーボード。

FPSをはじめとしたeスポーツは0.01秒を競い合う過酷な世界。

プロゲーマーも安心して使える高性能なキーボードということで、期待も高まります。

ロジクールの公式動画もあるので、ぜひご覧になってみてください。

私は別にプロゲーマーでも何でもありませんが、仕事にも使えるコスパの良いキーボードがほしかったのです。

主な仕様

PRO G-PKB-001の主な仕様は以下の通り。

縦幅153mm
横幅360mm
高さ34.3mm
重量(ケーブル除く)980g
ケーブル長180cm
キー構造メカニカル(Romer-G)
キーピッチ19mm
キーストローク3±0.2mm(最短1.5mm)
押下圧45g

テンキーレスタイプのキーボードとして見ると、大きくもなく小さくもない、一般的なサイズといえるでしょう。

突出しているのは980gという重量。

片手で持つと、想像以上のずっしり感があります。

41%OFFで購入

発売当初の価格は15,000円前後だったようですが、日が経っていることもあり、41%OFFの9,306円で買えました。

1万円未満でこのスペックのキーボードを買えるのはお得です。

ただし、Amazonの価格は変動が大きいので、最新の価格はその都度確認してください。

タイミングがよければ、もっと安く買えるときもあるかもしれません。

外観

ここからはデザインをご紹介します。

非常にスッキリとしたシンプルな外観で、個人的にドンピシャです。

配列は91キー日本語レイアウト。

PRO G-PKB-001のキー配列

ひらがな表記がないので、(少数派だと思いますが)ひらがな入力をされている方は注意しましょう。

私はローマ字入力じゃないと文字を打てないので問題ありません。

PRO G-PKB-001のキー

裏面を見てみると、写真だと少々わかりづらいですが、大きめのゴムパッドが5つ貼ってあります。

PRO G-PKB-001の裏面

ぎっちりと机に密着してくれるので、キーボードを叩いているときにガタつく心配はなさそうです。

26キー ロールオーバー

最大26キーまで同時押しも可能。

ShiftキーやAlt、Controlなどのキーをどのような順序で同時押ししても、きちんと機能してくれます。

26キーすべてを同時押しする日は、永遠に来ない気がします。

せいぜい3つか4つくらいですね。

誤操作を防ぐ機能も搭載

便利なカスタマイズキー

右上には便利なボタンが2つあります。

左はWindowsやFnキーなどを無効にできるボタンで、ゲーム中の不慮の作動を1タッチで防げます。

右はLED表示のONとOFFを切り替えられるボタン。

仕事で使うときはOFFにして、ゲームなど遊びで使うときはONにするなど、1タッチで操作できるのは便利です。

ケーブルは着脱式

PRO G-PKB-001のケーブル

PRO G-PKB-001のケーブルは着脱式で、取り外せば持ち運びもラクラク。

カバンに入れるときも、ケーブルを外せるとすごく便利です。

万が一ケーブルが断線したときも、ケーブルだけ買えばいいので経済的。

PRO G-PKB-001のケーブル

ちなみにケーブルは紐っぽい素材が使われていて、なかなか丈夫そうです。

3段階で高さを調整可能

PRO G-PKB-001の高さ調整

キーボードの高さはフラット、4度、8度の3段階に調整可能。

フラットの状態でもそこそこ高さがあるので、手首が痛くなりやすい人はパームレストなどを活用しましょう。

キートップが湾曲

湾曲したキートップ

キートップが真っ直ぐでないことに気づいたでしょうか。

これはシリンドリカルステップスカルプチャ方式と呼ばれていて、ほんのり湾曲させてキーを打ちやすくする仕組み。

きれいに爪を伸ばしている女性とは相性最悪のキーボードです。笑

バックライト

PRO G-PKB-001のバックライト

ゲーミングキーボードといえば、やはり光らないといけません。

Logicoolゲーム ソフトウェアをダウンロードすれば、好みの色に細かくカスタマイズ可能。

1,680万色のカラーから自由に選べるそうですが、正直なところ色にこだわりはないので、しばらくデフォルト設定のまま使うつもりです。

キータイプ音を録画したYoutube動画

打鍵音は実際に聞いてみるのが手っ取り早いです。

40秒ほどの短い動画なので、こちらをご覧ください。

「カタカタ」と品のある音というか、安っぽいキーボードにありがちな「カチャカチャ」音がなくて気に入っています。

茶軸や赤軸に近いように感じます。

打鍵感はとても軽快で、長時間打ちづつけても疲れにくいと感じました。

キーストロークは最短1.5mmと非常に浅く、軽く押し込むだけで文字を打ち込んでくれます。

一般的なメカニカルタイプのキーボードは深めに叩かないと認識されませんが、ロジクール独自のRomer-Gという機能で、快適なタイピングを実現しているそうです。

毎日何千文字と文字を打ち込むので、この気持ちよさは手放せなくなりそう。

耐久性に難があるかも

少し気になっているのは耐久性の問題。

仕様上の耐久性は7,000万回となっているものの、Amazonのレビューを見ると1年も経たずに故障したという声がチラホラ見つかります。

初期不良もいくつか発生したみたい。

保障期間は2年なので一応は安心と思いたいですが、こればかりは実際に使ってみないとわからないですね。

万が一すぐに使えなくなるようなことがあれば、後日改めて追記します。

PRO G-PKB-001の使用感まとめ

PRO G-PKB-001は、eスポーツにも対応したプロ仕様のゲーミングキーボード。

ゲーミングキーボードとはいえ、ゲーム以外でも活躍してくれるスペックを秘めています。

まだ使いはじめたばかりですが、リアルフォースやHHKBのような2万円以上する高級キーボードとも大きな差があるとは思いません。

パソコンでゲームを楽しんでいる方はもちろん、エンジニアの方やライターの方など、日々キーボードと向き合っている方はぜひ一度チェックしてみてください。

クリエイター向けパソコンを探す
種類
価格
CPU
メモリ
グラフィックス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。