基礎知識

マウスコンピューターのおすすめオプション&カスタマイズ

マウスコンピューターのおすすめオプション

テレビCMでもおなじみのマウスコンピューターは、予算や用途に合わせてパソコンのスペックを細かくカスタマイズできる点が大きな魅力。

しかしながら選べるオプションが多すぎて、ある程度パソコンの知識がないとわかりづらいのも事実。

そこでこのページでは、おすすめのカスタマイズや追加オプションについて、パソコンが苦手な方にもわかりやすいように詳しく解説しています。

マウスコンピューターでパソコンを買おうと考えている方は、ぜひご覧ください。

重要度の高いカスタマイズ

mouse X4-i7

まずは数あるカスタマイズ項目の中から、重要度の高いものをピックアップしました。

最低限チェックしたいのは以下の4つ。

重要なカスタマイズ
  • OS
  • Office
  • メモリ
  • ストレージ

それぞれについて順にご説明します。

カスタマイズできる項目はモデルや時期によって変わることがあります。最新情報は各モデルの見積もり画面でご確認ください。

OS

OS

仕事でリモートデスクトップを使用する方など、明確な用途がない限り、OSはWindows10 Homeで問題ありません。

自宅で使うPCならとくに、Windows10 Homeで不都合を感じる場面はまずないでしょう。

Windows10 Proを選んだからといって、パソコンの基本的なパフォーマンスは変わりません。

Office

Office

パソコンを事務用途メインで使うなら、Officeも必要です。

WordやExcelが使えればいいなら「Personal」で十分ですし、PowerPointも必要なら「Home and Business」を選びましょう。

Officeのちがい

「自宅でちょこっと表計算がしたい」

といった用途なら、無料で使えるGoogleのスプレッドシートでも代用できます。

パソコンをどの程度仕事で使うのかによって、最適なOfficeを選んでください。

AmazonなどでOfficeのオンラインコードを購入して、後からインストールすることも可能ですが、値段は少し高くなります。

メモリ

メモリ

メモリ容量は多くの人が迷うポイントのひとつ。

「メモリはたくさんある方がいいんでしょ?」

と考えている方も多いですが、やみくもに容量を増やせばいいというわけでもありません。

メモリ容量のざっくりとした目安は以下の通り。

メモリ容量の目安
4GBネットサーフィン程度なら可
一応動かせるが快適とは言えない
8GBExcelやWordを快適に動かせる
動画や写真の編集は少々しんどい
16GB事務用途なら非常に快適
RAW現像やゲームも快適に動かせる
32GB重たい動画編集も快適に動かせる
プロのクリエイター向け

ExcelやWordなどの事務作業がメインなら8GB、写真やイラスト制作といったクリエイティブ用途、PCゲームを快適に動かしたいなら16GBが目安。

動画編集はメモリ16GBでも問題ないものの、演出や加工にこだわるなら32GBあったほうが快適です。

予算と用途に合わせて、メモリ容量を決めましょう。

ストレージ

ストレージ

ストレージとはデータを保存する領域のことで、容量が多いほど写真や動画など、たくさんのデータを保存できます。

メモリと同様に用途によって必要な容量は変わります。

ストレージ容量の目安
125GB~保存するデータがほとんどないなら問題なし
外付けorクラウドストレージの活用が必須
250GB~ExcelやWordのファイルがメインなら問題なし
クリエイティブ用途には少なすぎる
500GB~事務用途メインならかなり余裕がある
クリエイティブ用途には最低限のライン
1TB~クリエイティブやゲーム用途でも安心

Excelファイルなら重くても数MBなので、最低限のストレージで問題ありません。

写真や動画を編集したり、ゲームのインストールを考えているなら500GBは最低限必要と考えましょう。

最近のデジカメはRAWデータ1つで数GBありますし、PCゲームに至ってはソフト1本で100GBを超えることも。

パソコンの用途に合わせて、ストレージをカスタマイズすべきか考えましょう。

外付けのストレージやDropboxなどのクラウドストレージを使うという方法もあります。

転送速度のちがい

ストレージは容量だけでなく、転送速度のちがいによって値段も大きく変わります。

転送速度が速いほどパソコンの起動が速くなったり、重たいデータもスムーズに読み込めるので快適度が段違い。

SSDやHDDなど、主なストレージの平均的な転送速度をまとめると以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

HDDは安価だけど転送速度が遅く、SSDは転送速度が速いものの高額です。

予算に余裕があればNVMe M.2 SSDを選びたいところですが、お財布と相談して決めましょう。

NVMe M.2 SSD(Gen4)は、今のところ第3世代のRyzenとX570チップセットのマザーボードの組み合わせという限られた環境下でしか使えません。

心配な方におすすめのサポート

パソコン購入を悩む女性

ここからご紹介する追加オプションは、主にパソコンが苦手な方向け。

今まで何台もパソコンを買った経験がある方をはじめ、そこそこ知識がある方には不要なサービスです。

延長保証

延長保証

マウスコンピューターのパソコンは、1ヵ月の初期不良対応と1年間の標準保証がつきます。

追加オプションで最大3年の延長保証を選べるほか、即日修理やピックアップ修理も選択可能。

センドバックとピックアップは、パソコンを自分で送るか運送業者が取りに来てくれるかのちがいです。

センドバックの送料は自己負担ですが、ピックアップは送料無料。

パソコンの故障やトラブルが心配な方は、延長保証を検討してみてください。

MouseProの一部製品は最大5年まで保証期間の延長が可能です。

破損盗難保証

破損盗難保証

各種条件および限度額の定めはあるものの、破損や盗難時の保証サービスもあります。

パソコンにコーヒーをこぼしてしまったり、落雷の影響でパソコンが動かなくなったり、通常保証の範囲外のトラブルまでカバーできます。

少々高額なので、予算に余裕があれば検討してみてはいかがでしょうか。

データ復旧サービス

データ復旧サービス

ストレージの故障からデータを復旧できるサービスもあります。

数千円で利用できるのはお得ですが、普段からバックアップを取っておけば必要ないサービスです。

仕事で使うデータはもちろん、過去の写真データなど、大切なデータは2重、3重にバックアップを取っておきましょう。

電話サポート

電話サポート

マウスコンピューターといえば、24時間365日の電話サポートが大きな強み。

さらに+3,000円の追加オプションで、リモートサポートを利用できます。

パソコンの操作が苦手な方、身近に頼れる人がいない場合は追加しておくと安心です。

出張サービス

出張サービス

「パソコンを買っても設定のやり方がわからない・・・」

「家のインターネットにつなげられる自信がない・・・」

という方には出張設置サービスがおすすめ。

プランと主なサービス内容は以下の通り。

出張設置サービス
プラン1
9,500円(税別)
パソコンの設置・設定
インターネット(有線)への接続
プラン2
10,500円(税別)
パソコンの設置・設定
インターネット(無線)への接続
プラン3
17,000円(税別)
パソコンの設置・設定
2時間フリープラン
プラン4
15,000円(税別)
パソコンの設置・設定
5つの人気オプションからお好きな3つを選べる
プラン5
28,500円(税別)
パソコンの設置・設定
古いパソコンから新しいパソコンへデータを移行

少々値は張りますが、諸々の初期設定をプロに丸投げできるので便利です。

パソコンに苦手意識がある方は、検討してみてください。

必要に応じて追加したい項目

mouse X4-B

各種ソフトウェアやキーボードなどのデバイスも、見積もり画面で追加できます。

いずれも優先度は低めですが、Amazonなどで買うつもりならまとめて注文したほうが便利です。

ウイルス対策ソフト

ウイルス対策ソフト

マウスコンピューターのパソコンには、ウィルス対策ソフトのマカフィーがインストールされています。

60日間は無料で使えて、+5,900円で15ヵ月版を追加可能。

マカフィーの通常版は12ヵ月で5,980円なので、パソコンと一緒に注文すると少しお得です。

無線LAN

無線LAN

ノートPCには無線LANが標準搭載されていますが、追加オプションでアップグレードが可能。

インターネットの速度にこだわる方は、カスタマイズを検討してみてください。

デスクトップPCの場合、有線でつなげることを前提に作られているモデルが多いので、必要に応じて無線LANのアダプターを追加しましょう。

ただし、USBで接続するタイプの無線LANアダプターなら2,000円前後で買えるので、Amazonなどで買ったほうが出費を抑えられます。

各種周辺機器

Logicoolのマウス

プリンターやモニター、外付けのストレージなど、各種周辺機器も見積もり画面で選べます。

ただし、キーボードやマウスは選択肢が少なく、Amazonと比べて特段安いわけでもないので、積極的にはおすすめしません。

キーボード
キーボード
光学ドライブ
外付け光学ドライブ

ほかで探すのが面倒くさい方は、まとめて注文したほうが便利です。

ノートPC用クーラー

ノートPC用クーラー

ノートPC用のクーラーも選べますが、ゲームやクリエイティブ用途などの重い作業をしないなら基本的に必要ありません。

重い作業がメインで、少しでもパソコンの性能を下げたくないなら、追加をおすすめします。

各種ソフトウェア

各種ソフトウェア

写真や動画編集、クラウドバックアップなど、各種ソフトウェアのライセンスも追加可能。

CyberLinkのソフトは少し安く買えるようですが、無料体験版を使ってみてからの判断で問題ないでしょう。

AdobeのCreative Cloudと比べれば価格は安いものの、メジャーなソフトとは言えません。

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

G-Tuneのデスクトップ

ここからはマウスコンピューターが手掛けるゲーミングPCブランド、G-Tuneのおすすめカスタマイズについてご説明します。

保証やサポートについては変わりませんが、一般的なパソコンとゲーミングPCではカスタマイズすべきポイントが変わるので要注意。

とくに重要な点について見ていきましょう。

電源のグレードアップ

電源のカスタマイズ

G-Tuneのカスタマイズでとくにおすすめなのは、電源のアップグレード。

モデルによって差はあるものの、G-Tuneは80PLUS認証で下から2番目、BRONZEグレードの電源を搭載しているモデルが多いです。

各グレードの電気変換効率を表にまとめると以下の通り。

80PLUS 変換効率のちがい
負荷率20%50%100%
STANDARD80%80%80%
BRONZE82%85%82%
SILVER85%88%85%
GOLD87%90%87%
PLATINUM90%92%89%
TITANIUM92%94%90%

電源はパソコンの心臓にあたるパーツで、万が一電源にトラブルが起きるとマザーボードやCPUなど、ほかのパーツにまで被害が及ぶことも。

グレードの高い電源ほど発熱を防げて、パソコンの故障率を下げられるため、80PLUS GOLD以上へのアップグレードがおすすめです。

CPUクーラーやグリス

電源より優先度は少し下がりますが、ゲーミングPCを少しでも長く使いたいなら、CPU周りのカスタマイズも検討したいところ。

とくにCPUクーラーとグリスは、CPUの冷却効果アップに直結。

CPUクーラー

水冷式のCPUクーラーはカスタマイズ費用が高めですが、CPUグリスは2,000円前後でアップグレードが可能。

CPUグリス

グリスを変えるだけでもCPU温度は着実に下がりやすくなるので、費用対効果は抜群です。

上位モデルのCPUも選択可

CPUの変更

モデルによっては上位モデルのCPUも選択できます。

ただし、費用は高めなので積極的にはおすすめしません。

人気ゲームの推奨環境

メモリやストレージの容量で迷ったときは、やりたいゲームの推奨環境をチェックすることが大事です。

せっかくゲーミングPCを買ったのにスペックが足らなくて快適に遊べない、なんてことになったら最悪。

有名かつ人気の高いパソコンゲームの推奨スペックを一部ピックアップしました。

フォートナイト
フォートナイト
OSWindows7 64ビット 以上
CPUCore i5-7300U 以上
GPUGTX660 以上
メモリ8GB 以上
ApexLegends
Apex legends
OSWindows7 64ビット 以上
CPUCore i5-3570T 以上
GPUGTX970 以上
メモリ8GB 以上
PUBG
PUBG
OSWindows7 64ビット 以上
CPUCore i5-6600K 以上
GPUGTX1060 以上
メモリ16GB 以上
CoD:MW
COD:MW
OSWindows10 64ビット 以上
CPUCore i5-2500K 以上
GPUGTX1660 以上
メモリ12GB 以上
MHW:IB
MHW:IB
OSWindows7 64ビット 以上
CPUCore i7-3770 以上
GPUGTX1650 以上
メモリ8GB 以上
SEKIRO
SEKIRO
OSWindows7 64ビット 以上
CPUCore i5-2500K 以上
GPUGTX970 以上
メモリ8GB 以上

公開されている推奨スペックは、あくまで基本的な動作に支障がない程度と考えてください。

高画質かつ高フレームレートを求めるなら、自ずとパソコンのスペックを上げていく必要があります。

推奨環境はアップデートなどで変更する場合があります。最新情報は各ゲームの公式サイトにてご確認ください。

DAIVのおすすめオプション

DAIV

クリエイター向けのPCをカスタマイズするときのポイントも見ておきましょう。

マウスコンピューターのクリエイターPCブランド、DAIVについて詳しく知りたい方は、以下の記事をあわせてご覧ください。

用途別の重要ポイント

DAIVのノートPC

ゲーミングPCとちがって、クリエイターPCで重要なのは何の用途がメインかという点。

たとえばイラスト・漫画制作がメインであれば、パソコンのスペックは控えめでも快適に動かせます。

一方で写真編集やRAW現像がメインなら、メモリは16GBが必須でストレージも余裕が欲しいです。

動画編集もメモリは最低16GB以上、できれば32GBほしいところ。

用途ごとのパソコンの選び方を別途まとめているので、クリエイティブ用途メインで考えている方は、ぜひご覧ください。

動画編集
Premiere pro

詳しく見る

RAW現像
Lightroom

詳しく見る

イラスト
CLIP STUDIO PAINT

詳しく見る

用途に合ったカスタマイズを

mouse F5-i5の外観

マウスコンピューターは選べるオプションが多く、見積もり画面で迷ってしまう方が多いのも無理はありません。

カスタマイズは必須ではありませんし、延長保証なども必要性を感じなければ標準仕様のまま買うのもひとつです。

見積もり画面は途中で一時保存できるので、迷ったときは一度時間を置いてから判断することをおすすめします。

予算と用途に合わせて、希望にぴったりのパソコンを買いましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。