基礎知識

Lenovo(レノボ)おすすめノートパソコン|評判や特徴のまとめ

Lenovoの評判まとめ

LenovoのThinkPadは、ビジネスパーソンにとても人気の高いモデル。

ビジネス街のカフェにいくと、ThinkPadを見かけることはすごく多いです。

このページではLenovoのノートパソコンの魅力や特徴についてご紹介します。

購入前に知っておきたい注意点や、お得に買う方法についても詳しくご紹介。

近いうちにノートパソコンの買い替えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Lenovoの主な会社概要

Lenovoの公式サイト

まずはLenovoという企業の特徴について、簡単に理解しておきましょう。

意外と知らない人も多いですが、Lenovoは中国のパソコンメーカー。

北京に本社がありますが、アメリカのノースカロライナ州モリスビルも拠点にして、アメリカでの活動も活発です。

日本には「レノボ・ジャパン株式会社」が秋葉原のUDXにあります。

会社概要
社名レノボ・ジャパン株式会社
設立2005年4月28日
資本金非公開
本社東京都千代田区外神田四丁目14番1号
秋葉原UDX

Lenovoはパソコンのスペックを変更してオーダーメイドできる「CTO生産」も行っています。

これはDellなども行っている「BTO」と同じ意味。

CPUやメモリのスペックを少し上げて、よりぴったりのパソコンを手に入れられるサービスです。

拡大を続けるメーカー

Lenovoは2004年にIBMのPC部門を買収し、ノートパソコンの大ヒット商品であるThinkPadを受け継ぎました。

今では「LenovoといえばThinkPad」という人もいるくらい、看板商品になっていますね。

さらに2011年には日本の代表的PCメーカー「NEC」とも合併会社を設立。

「NEC Lenovo」としてブランド力をさらに高めています。

最近では富士通との事業統合や、モトローラ買収の噂も。

さまざまな動きを見せながら常に進化を続けている巨大PCメーカーです。

世界シェアNo.1を争う

Lenovoは毎年HPやDellと世界No.1シェアの座を争っています。

Canalysが発表した2019年Q3の世界PCシェアランキングは以下の通り。

世界PCシェアランキング(2019年Q3)
  1. Lenovo(24.4%)
  2. HP(23.6%)
  3. Dell(17.0%)

国内シェアについては2019年第1四半期(1月〜3月)の出荷台数ランキングがIDC Japanから発表されています。

国内PCシェアランキング(2019年Q1)
  1. Lenovo・NEC・富士通グループ(37.3%)
  2. HP(18.7%)
  3. Dell(15.6%)

世界のみならず国内でも大きなシェアを誇っているのがLenovo。

とくに国内ではNECと富士通を吸収していることもあり、大きなシェアを占めています。

Lenovoのノートパソコンの特徴

ThinkPad X1 Extreme

ここからはLenovoのノートパソコンの特徴や魅力についてご説明します。

ポイントを整理すると以下の通り。

Lenovoの特徴
  • 圧倒的なコストパフォーマンス
  • カスタマイズ性の高さ
  • 国内生産モデルがある
  • 耐久性にも優れている

それぞれについて順にご説明します。

圧倒的なコストパフォーマンス

Lenovo最大の魅力として、コストパフォーマンスの高さは外せません。

ハイエンドクラスのCPUを搭載していながら、10万円前後で買えるモデルもたくさん。

機能性や無駄のないデザインなども含めて考えると、圧倒的な安さです。

実際にどのくらい安いのか、競合のHPやDellとノートパソコンの価格をガチンコ比較しました。

記載している仕様および価格は記事執筆時点のものです。時期によって変動するため、最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

エントリークラス

まずは5万円前後で買えるエントリークラスの価格(送料と消費税込)を比較しました。

エントリークラスの価格比較
メーカーLenovoHPDell
モデルIdeapad S540(15)ProBook 450 G6Inspiron 15 5000
大きさ15インチ
CPUCore i3-8145U
メモリ4GB
ストレージ256GB NVMe M.2 SSD500GB HDD256GB NVMe M.2 SSD
Office
価格54,450円~61,380円~68,178円~

HPとDellはサイト上だと安く見えますが、HPは送料と消費税、Dellは消費税が別になっているので要注意。

Lenovoは送料が無料で、消費税込の価格で表示されています。

ストレージのスペックと容量に差はあるものの、5万円前後でノートパソコンを探すならLenovoのIdeapadは非常にお買い得です。

ただし、いずれもMicrosoftのOffice(ExcelやWordなど)が非搭載で、ビジネス用途で使うにはギリギリのスペック。

とにかく安いパソコンが欲しい方にはおすすめですが、過度な期待は禁物です。

ミドルクラス

続いてMicrosoftのOfficeを搭載した、ビジネス用途で使いやすいスペックで比較しました。

ミドルクラスの価格比較
メーカーLenovoHPDell
モデルIdeaPad C340(15)Pavilion 15-cs3000New Inspiron 15 3000
大きさ15インチ
CPUCore i7-1065G7
メモリ16GB8GB
ストレージ1TB NVMe M.2 SSD256GB NVMe M.2 SSD
1TB HDD
512GB NVMe M.2 SSD
OfficeMicrosoft Office Home & Business 2019
価格118,668円~149,380円~126,478円~

第10世代の最新CPU搭載モデルで比較したところ、ここでもLenovoの安さが際立ちました。

IdeaPad C340(15)のCore i7-1065G7搭載モデルはメモリが16GBと多いにも関わらず最安値です。

毎日持ち運ぶには少々大きめですが、ExcelやWordをサクサク動かせて、幅広い用途で活躍するノートPCが欲しい方におすすめです。

カスタマイズ性が高い

カスタマイズ画面

ラインナップの充実に加えて、スペックをカスタマイズして用途にぴったりのパソコンを買えるのも魅力のひとつ。

メモリやストレージなどのカスタマイズは、元々Dellがはじめたとされるサービス。

Lenovoの場合、CPUの珍しいモデルを選択できたり、液晶の品質を上げたり、電源を高めたり、メモリのアップグレードをしたり、非常に選択肢の幅が広いです。

用途に合わないパソコンを使っていると、動作が遅くなったり、ストレージ容量が足らなくなったり、日々の作業でストレスが溜まってしまいます。

最初から自分用にカスタマイズしておけば、数年使い続けても不満は少ないでしょう。

国内生産モデルがある

米沢生産モデル

実はもともとThinkPadは日本で開発されていたシリーズ。

あの有名な赤色のトラックポイントも、日本人の技術者の強力のもとに開発されたといわれています。

日本とゆかりがあるからか、現在でもThinkPadの一部モデルに関しては国内生産にこだわり、NECの製造拠点である山形県で製造されています。

メイドインジャパンの丁寧な製造、スピード発送、サポートも日本語で行えるということが嬉しいところです。

気になる方は「米沢生産モデル」を探してみてください。

耐久性にも優れている

ノートパソコンを選ぶ上でやはり心配になるのが耐久性。

仕事などで頻繁に持ち運ぶ方はとくに、衝撃のみならず熱や振動も気になるところ。

その点Lenovoのノートパソコンは、衝撃から開閉耐久、温度、圧力、ファン性能に至るまで実に200種類以上の審査をクリア。

単に落下や衝撃に強いだけではなく、飲み物をこぼしたり、鞄の中で圧力がかかったりしても問題がないか、さまざまな負荷をかけてチェックしています。

LenovoのおすすめノートPC

Ideapad 330S(14)

ここからはLenovoのおすすめモデルを順にご紹介します。

記事執筆時点で販売されている、Lenovoのノートパソコンは以下の5種類。

Lenovoのノートパソコン
  • Think
  • Lenovo
  • IdeaPad
  • YOGA
  • LEGION

「Lenovo」は立ち位置が非常に中途半端で、特別な理由がない限り選ぶ理由はありません。

「LEGION」はゲーミングノートなので、今回はおすすめモデルから除外しました。

ゲーミングノートについて詳しく知りたい方は、別サイトにLegion Y540(15)の実機レビューをまとめているのでご覧ください。

ビジネス向けのThinkPad

ThinkPad X280

Lenovoの代名詞といえば、ThinkPad。

壊れにくいタフさ、そして非常に高い操作性によって、IBM時代から多くのファンを獲得してきているシリーズです。

なんといっても最大の特徴はマウス操作が簡単なトラックポイント。

赤ポチ

キーボードから手を離さずにカーソルを操作できる機能はやはり画期的で、現在はタッチパネルの商品が主流ではありますが、いまだに根強い人気を誇っています。

さらにThinkPadはいくつかのシリーズ分かれています。

ThinkPadの主な種類
Xハイスペックな軽量薄型モデル。
ACPUにAMDを搭載。マルチタスクに優れている。
TXシリーズに次ぐ、ハイパフォーマンスモデル。
Eエントリーモデル。価格は安いが重量がある。
L手に入れやすい価格帯の標準モデル。
Pスペックがもっとも高いモデル。動画編集などもサクサク行える。
YOGA画面が180°回転するモデル。

スペックや価格もさまざまなので、用途と予算に合わせて最適なモデルを選びましょう。

コスパが抜群に高いIdeaPad

Ideapad S530

CPU、グラッフィック、ディスプレイなど、スペック面で優れているシリーズ。

それでいて価格がかなり安いのが特徴です。

「仕事で使うパソコンが欲しいけど、ThinkPadはちょっと高い・・・」という方にぴったり。

たとえばCPUにCore i7が搭載されていれば10万円前後するモデルが多い中、このシリーズでは75,000円前後。

シンプルなデザインと、パワフルな機能、長時間バッテリーも魅力。

スペックやディスプレイサイズなど、ラインナップもかなり幅広いので、お気に入りのモデルがきっと見つかるでしょう。

持ち歩きに最適なYoga

YOGA S730

ThinkPadシリーズの中にもYOGAがあるため少しややこしいのですが、Yogaという独立したシリーズもあります。

Yogaシリーズは、折りたたんでタブレット、テント、スタンドのモードに自在に変形するマルチPC。

アルミ製のボディが軽量で、見た目もスタイリッシュ。

キーボードに隠された通気口から空気を循環させる冷却システムなど、まさにLenovoの技術の粋が集まったシリーズと言えるでしょう。

仕事はもちろんプライベートでも使いやすいモデルです。

YOGA S730
Lenovo YOGA S730レビュー|軽量でスリムなノートPCLenovoのノートパソコン、YOGA S730をお借りしました。 13.3型の薄くて軽いボディで、シンプルでスタイリッシュなデザ...

ノートパソコンを選ぶ際のポイント

ノートPCを操作する女性

続いてLenovoのパソコンを買う際にどのスペックに注目すれば良いかということについてご紹介していきます。

ディスプレイサイズ

クリアファイルと比較

ディスプレイサイズはノートパソコン全体の大きさに直結し、持ち運びやすさを左右する重要な要素。

Lenovoは主に11.6、13.0、14.0、15.6型があります。

11.6型で大体B5サイズ、14型でほぼA4サイズと考えておくといいでしょう。

好みによって分かれますが、持ち運びやすさと作業のしやすさのバランスを考えると、14型あたりが無難です。

15.6型は少し大きめで作業はしやすいものの、頻繁に持ち運ばない方におすすめです。

CPU

CPUはパソコンの処理能力を左右する心臓部。

LenovoにはIntelとAMDという2つのメーカーが製造しているCPUが搭載されています。

IntelのCPUは「Core i」シリーズとして、Core i3、5、7、9があります。

Core i5以上ならば負荷の高い動画編集も可能で、ライトユースならばCore i3でもよいでしょう。

AMDはシェアの点でIntelに劣りますが、コスパがいいのが特徴。

パフォーマンス面でも、最近は評価が高くなっています。

安くて高機能にしたいならAMDのRyzenシリーズが搭載されているモデルを選びましょう。

メモリ

メモリ容量が高ければ、一度に多くのプログラムを起動するようなタフな使い方をしても、フリーズしたり、動作が遅くなったりしません。

ネットサーフィンや動画視聴程度なら4GBでもどうにかなりますが、ExcelやWordなどの事務作業を快適にしたいなら8GB以上欲しいです。

画像・動画編集などハードな使い方をするなら、16GB以上のものを選びましょう。

Lenovoのノートパソコンは後からメモリを増設できないモデルもあるため、多めにしておくと安心です。

Lenovoの注意点やデメリット

パソコンを選んでいる女性

ラインナップが豊富でコスパも抜群のLenovoですが、デメリットがひとつもないわけではありません。

購入前に知っておくべきLenovoの注意点についてもご説明します。

納品まで1ヶ月近くかかることも

Lenovo最大の弱点は、すぐ届かないモデルが多いこと。

ThinkPadの国内生産モデルならば早いですが、マウスコンピューターやドスパラなどの有名BTOパソコンメーカーには敵いません。

海外メーカーなので仕方ないともいえますが、注文して2~3週間待たされるのは気持ちがいいものではありません。

Lenovoのパソコンを買うときは、スケジュールに余裕をもっておきましょう。

ラインアップが豊富すぎて迷う

Lenovoのラインアップ

Lenovoの豊富すぎるラインアップは、購入時に障壁になるかもしれません。

たとえば「Thinkpadが欲しい!」と思っても、XやYOGA、Aなど、見た目がほとんど同じゆえに迷ってしまいがち。

記事執筆時点だとThinkpadの「X」だけで10種類が販売されています。

パソコン選びで迷ったときは公式サイトの絞り込み検索が便利。

絞り込み検索

大きさや価格、Officeの有無などを入力すれば、希望の条件に合ったパソコンがすぐに見つかります。

デザインがシンプルで地味

パソコンの見た目やデザインにはこだわりますか?

ThinkpadやIdeapadなど、Lenovoのノートパソコンは総じてデザインがシンプル。

Ideapad

Ideapad S340

Thinkpad

ThinkPad X280

好みの問題ではあるものの、見た目のカッコよさやスタイリッシュさを求めるなら、多少割高でもHPを選んだほうがいいかもしれません。

たとえばHPのSpectreやENVYシリーズは、細かいところまでデザインが洗練されています。

Spectre
Spectre
ENVY
ENVY

価格の安さを最優先で選ぶか、見た目のカッコよさを優先するかは人それぞれ。

じっくり悩んで判断しましょう。

少しでも安く買うためのコツ

ThinkPad

最後にLenovoのノートパソコンを安く買う方法についてご紹介します。

Lenovoのパソコンが販売されている場所は、公式直販サイトのみならず、Amazonをはじめとするネットショップ、それから実物に触れるLenovoカスタムショップや家電量販店などがあります。

それぞれのメリットをよく理解し、あなたにとって一番お得な方法を見つけましょう。

公式直販サイトのセールを狙う

セール情報

公式直販サイトはほとんどすべての商品にクーポンコードが記載されていて、割引価格で手に入るメリットがあります。

クーポンは、商品ページに進むと「Eクーポンコード」と表示されています。

商品をカートに追加した後にクーポンコードを入力すればOK。

その他セールもよく行われているので、トップページのグローバルメニュー「キャンペーン」から必ずチェックしましょう。

さらにLenovoは公式直販サイトでは珍しく、注文金額にかかわらず日本全国送料無料です。

ネット通販のポイントを活用

ネットショップの場合はパソコンのスペックをカスタムして注文することはできず、完成品しか買えません。

しかしながら完成品は出荷が早いというメリットがありますので、すぐに商品を手に入れたい人におすすめ。

さらにAmazonギフトや楽天ポイントなどを活用すれば、通常価格より安く買えるのも大きな魅力です。

Amazon

Amazon

Amazonでは「Lenovoジャパンオンラインストア」として出品しています。

Amazon価格で買えますし、タイムセールの時に対象製品になっていることも多いです。何より口コミがたくさんあるので一度は覗いてみましょう。

楽天市場

楽天市場

楽天では「Lenovoショッピング 楽天市場店」が出品していて、全品送料無料。

そして楽天はポイントセールがよく行われています。

タイミングによっては10%以上のポイントが付くこともありますし、ノートパソコンの購入ならばポイントもたくさん貯まります。

普段楽天を使っているなら、ポイントを活用できる楽天市場での購入をおすすめします。

家電量販店で特価品を買う

家電量販店なら店員さんと相談しながら用途に合ったノートパソコンを見つけられます。

またビックカメラやヨドバシカメラでは「Lenovoカスタムショップ」という形で、店内に販売コーナーが設けられていることも。

Lenovo専門の販売員による詳細なアドバイスや、おすすめカスタマイズが聞けます。

さらに家電量販店はポイントを使えるのが魅力。

ボーナス時期などにセールが行われたり、展示品が特価品として販売されていることもあります。

普段からよく使っているところがあるのならば、在庫をチェックしてみましょう。

コスパで選ぶならLenovo

YOGA S730

今回はLenovoのノートパソコンに絞って、おすすめの点やシリーズごとの特徴についてご説明してまいりました。

コストパフォーマンスの非常に高いThinkPadは、IBM時代から多くのファンがいるシリーズ。

キーボード中央にある赤いトラックポイントは、一度慣れると離れられるなくなるほど便利な機能。

ビジネスの効率アップを考えているのならば、コスパの高いLenovoを検討してみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。