レビュー

LAVIE Direct NSレビュー|5万円台の超格安ノートPC

LAVIE Direct NS

NECのノートパソコン、LAVIE Direct NS(2019年春モデル)をお借りしました。

5万円台の超格安パソコンで、性能よりもとにかく価格を抑えたい方におすすめのモデル。

このページでは、LAVIE Direct NSの特徴や性能について詳しくご紹介します。

手の届きやすいノートパソコンを探している方は、ぜひご覧ください。

LAVIE Direct NSの特徴

LAVIE Direct NS

LAVIE Direct NSがどういったパソコンなのか特徴を整理すると以下の通り。

5万円台から買える格安パソコン

光学ドライブが標準搭載

初心者にやさしいソフトを搭載

すべての動作が遅くてストレス

基本的なスペックから順にご紹介します。

スペック

CPUやストレージ容量など、お借りしたパソコン(2019年春モデル)の基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD E2-9000
メモリ4GB
ストレージ500GB HDD

パソコンの総合的な性能をチェックするベンチマークソフト、PCmark 10のスコアは1,185でした。

PCmark 10

基本的にパソコンの性能は価格に比例します。

5万円台で買えるということは、性能もそれなりということです。

グループ会社であるLenovoの主なノートパソコンとスコアを比較すると以下の通り。

PCmark 10 スコア比較
ThinkPad X1
Extreme
4,799
Ideapad S530
3,658
YOGA S730
3,605
LAVIE Direct NS
1,185

ExcelやWordなどをサクサク動かせる、仕事用のパソコンを探しているなら、多少値段が高くなってもIdeapadなどの購入をおすすめします。

CPU

CPUはAMDのE2-9000を搭載。

2コア2スレッドと最低限の性能しか備えておらず、主に格安パソコンで使われています。

詳しいスペック面は、CPU-Zの結果をご覧ください。

CPU-Zの結果

主なノートパソコン用CPUとベンチマーク結果(CINEBENCH R15)を比較した結果は以下の通り。

CINEBENCH R15 スコア比較
Core i5-8265U
511
Core i5-8200Y
237
Celeron N4000
133
E2-9000
72

GPU(グラフィックス)

GPUはCPU内蔵型のRadeon R2 Graphicsが使われています。

GPU-Zの結果は以下の通り。

GPU-Zの結果

主なCPU内蔵型GPUとベンチマーク(Fire Strike)のスコアを比較しました。

Fire Strike スコア比較
Intel UHD Graphics 620
1,141
Radeon R2 Graphics
449
Intel UHD Graphics 600
364

ストレージ

ストレージはHDDが使われていて、転送速度をCrystal Disk Markでチェックしたところ標準的なスコアでした。

Crystal Disk Mark

パソコンの起動やファイルの読み込みなど、もっさり進んでいく印象です。

普段SSDを搭載したパソコンを使っている方だと、処理の遅さに大きなストレスを感じるでしょう。

HDDをSSDに変えたいところですが、カスタマイズで選べるのはHDDの容量アップだけでSSDへの交換はできないようです。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

ラインナップ

LAVIE Direct NS

LAVIE Direct NS(2019年春モデル)の主なラインナップは以下の通り。

LAVIE Direct NSのラインナップ
CPUメモリストレージOffice価格(税別)
E2-90004GB500GB HDD×53,800円〜
E2-90004GB500GB HDD73,800円〜

仕事で使うならOffice搭載モデルを選びたいところですが、ひとつひとつの動作が遅くて業務効率が落ちます。

事務作業をサクサク快適にしたいなら、少なくともLenovoのIdeapadなどを検討してみてください。

Ideapad 330S(14)のラインナップ
CPUメモリストレージOffice価格(税別)
Pentium 4415U8GB128GB SSD62,812円〜
Core i5-8265U8GB256GB SSD85,485円〜

予算が許すならCore i5搭載モデルがおすすめです。

Ideapad 330S(14)
Ideapad 330S(14)レビュー|絶妙なサイズの薄型ノートPCLenovoのノートパソコン、Ideapad 330S(14)をお借りしました。 14型の扱いやすい薄型ボディで、仕事にもプライベ...
Ideapad S530のラインナップ
CPUメモリストレージOffice価格(税別)
Core i5-8265U8GB256GB SSD95,758円〜
Core i7-8565U8GB256GB SSD111,888円〜
Core i5-8265U8GB256GB SSD120,285円〜
Core i7-8565U8GB256GB SSD132,451円〜

持ち運びやすいコンパクトなノートパソコンが欲しい方にはIdeapad S530がおすすめです。

Lenovo Ideapad S530レビュー
Lenovo Ideapad S530レビュー|スタンダードな薄型ノートPCLenovoのノートパソコン、Ideapad S530をお借りしました。 13.3型の薄くて軽いボディで、パソコンを持ち運ぶことが...

記載している価格は記事執筆時点のものです。パソコンの仕様および価格は時期によって変動するため、最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

外観・大きさ

ここからはLAVIE Direct NSの外観を見ていきます。

LAVIE Direct NS

仕様上の大きさは幅378mm×奥行き260mm×高さ22.9mmで、15.6型として考えると少し大きめ。

重量も約2.2kgと毎日持ち歩くには少々しんどい重さ。

LAVIE Direct NS

底面はパソコン内部の熱を逃がすために、一部メッシュ状になっています。

ACアダプター

ACアダプター

ACアダプターは小型のものが付属。

重量は単体で約170gと軽いです。

バッテリーは仕様上の動作時間が約6時間とかなり少なめ。

基本的にACアダプターは必須と考えたほうが良いでしょう。

インターフェイス

ここからはインターフェイスを見ていきます。

右側面のインターフェイス
  • DVDスーパーマルチドライブ

DVDスーパーマルチドライブが搭載されているため、動画視聴用パソコンとして使うのもよさそう。

左側面のインターフェイス
  • 電源
  • LAN
  • HDMI
  • USB3.0 ×1
  • USB3.0 ×1
  • イヤホン・マイク コンボジャック
  • SDカードリーダー

主なインターフェイスはほぼすべて左側に搭載されています。

背面

背面に端子類は何もありません。

キーボード

キーボード

キーボードはテンキーありの日本語配列(104キー)。

キーピッチは約19mmと広く、キーストロークも約1.5mmとノートパソコンにしては深めです。

目立ったクセもなく打ちやすいです。

タッチパッド

タッチパッドは一体型で、中央よりかなり左に寄っています。

ディスプレイ

WXGA液晶

ディスプレイは15.6型ワイドのWXGA(1,366×768)液晶を搭載。

一般的なノートパソコンのフルHD(1,920×1,080)に慣れていると、ディスプレイの画質に明らかな差を感じます。

視野角も狭く、仕様上に記載はないもののTNパネルが使われてそうです。

最近はナローベゼル(狭額縁)のノートパソコンが主流なので、極太ベゼルのディスプレイは懐かしさすら感じます。

さらに光沢仕様なので、使用環境によっては蛍光灯などが映り込みやすいため要注意。

ディスプレイは180度開くことが可能です。

プリインストールソフト

LAVIE Direct NSにはパソコンが苦手な方にやさしい各種ソフトがプリインストールされています。

主なソフトは以下の通り。

マニュアルソフト
マニュアルソフト
年賀状ソフト
年賀状アプリ
子供向けソフト
子供向けソフト

子供向けのソフトもありましたが、子供が使うことも想定して作られているのでしょうか。

年賀状の印刷には別途プリンターが必要です。

写真編集用途の性能検証

LAVIE Direct NS

パソコンに負荷のかかる写真編集用途で、LAVIE Direct NSの性能を検証しました。

使用したのはAdobeのLightroomですが、起動だけで何分も待たされたり、写真データの読み込みに15分ほどかかったり、快適とは程遠いです。

参考までにRAWデータの書き出し速度もチェックしました。

使用したのは有効画素数3,635万のニコンD810で撮影したRAWデータ100枚で、書き出しにかかった時間は32分29秒。

主な薄型ノートパソコン用CPUとスコアを比較すると以下の通り。

CPU別 RAW現像の処理速度
Core i7-8550U
3:42
Core i5-8265U
5:48
Core i5-8200Y
6:44
E2-9000
32:29

RAWデータの書き出しはCPU性能が高いほど速くなるため、格安パソコン用のCPUではこれが限界。

写真の加工や編集をしたいなら、もう少しスペックの高いパソコンを買いましょう。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

LAVIE Direct NSのまとめ

LAVIE Direct NS

最後にもう一度LAVIE Direct NS(2019年春モデル)の特徴をおさらいします。

5万円台から買える格安パソコン

光学ドライブが標準搭載

初心者にやさしいソフトを搭載

すべての動作が遅くてストレス

価格相応のスペックなので、がっつり仕事で使うつもりなら避けたほうが無難です。

「性能はともかく、とにかく安いサブ用パソコンが欲しい!」

「テレビのない部屋でDVDを視聴できるパソコンが欲しい!」

と割り切って使える方におすすめです。

NECのパソコンが好きな方は、購入候補に入れてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。