レビュー

ドスパラ DX-C5レビュー|Core i5搭載のシンプルなノートPC

ドスパラ DX-C5レビュー

ドスパラが販売するノートパソコン、DX-C5をお借りしました。

15.6型の薄型ボディにIntelの第10世代CPUを搭載、59,980円~で買える手の届きやすさが最大の魅力です。

どの程度の性能を秘めているのか、じっくりご紹介します。

仕事はもちろん、普段使いにも活躍するコスパの高いノートPCを探している方は、ぜひご覧ください。

DX-C5の概要や特徴

ドスパラ DX-C5

DX-C5がどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

59,980円~で買える低価格

シンプルに振り切ったデザイン

15.6型の薄型・軽量モデル

テレワークや事務仕事で活躍

性能に過度な期待は禁物

基本的なスペックから順にご紹介します。

スペック

ドスパラ DX-C5

CPUやストレージ容量など、お借りしたパソコンの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-10210U
GPUIntel UHD Graphics
メモリ8GB
ストレージ250GB SSD

CPUはIntelの第10世代で、4コア8スレッドで動作周波数は1.60 GHz(最大4.20 GHz)と控えめ。

GPUはCPU内蔵型のIntel UHD Graphicsです。

CPUとGPUの詳しいスペックを知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

メモリは8GBと控えめですが、事務仕事をこなす分には十分。

ストレージは250GBしか搭載されていないため、容量が心配な方はDropboxなどのクラウドストレージや、外付けHDDなどの活用を検討したほうがよいでしょう。

メモリやストレージは注文時のカスタマイズで増設(容量アップ)も可能です。

価格とラインナップ

ドスパラのDX-C5

DX-C5はMicrosoft Office 2019搭載モデルも展開。

それぞれのスペックと価格をまとめると以下の通り。

CPUメモリストレージOffice 2019価格(税別)
Core i5-10210U8GB250GB SSD×59,980円〜
Core i5-10210U8GB250GB SSDPersonal75,980円〜
Core i5-10210U8GB250GB SSDHome & Business80,880円〜

Home & Businessには、PowerPointとOneNoteが含まれています。

ExcelとWordだけで問題ないなら、Personalを選びましょう。

ちなみに、Office非搭載モデルにもKINGSOFT WPS Officeが標準同梱されています。

MicrosoftのOfficeと互換性のあるソフトなので、Excelなどの使用頻度が低いならWPS Officeでも十分まかなえます。

外観・大きさ

ドスパラ DX-C5

ここからはDX-C5の外観を見ていきます。

本体カラーは程よくツヤがあるシルバー。

天板にロゴなどが一切ない、きわめてシンプルなデザインです。

天板
底面

仕様上の寸法は358.9×247.1mmと、今までの15.6型ノートPCとしては比較的スリム。

分厚さは19.9mmで、一般的なビジネスバッグなら問題なく収納できるサイズです。

パソコンの重量

パソコン単体の重量は実測で約1.5kgでした。

持ち歩けない重さではありませんが、15.6型は職場や自宅など、据え置きでの使用に向いています。

毎日パソコンを持ち歩いたり、外出先で使うことが多い方は、14型や13.3型などの軽量かつコンパクトなものを選んだほうがよいでしょう。

ACアダプター

ACアダプター

ACアダプターはコンパクトなものが付属。

ACアダプターの重量

重量はケーブル込みで約267gでした。

バッテリーの駆動時間も最大7.7時間とたっぷり。

パソコンの使い方次第ではありますが、事務仕事がメインなら半日程度はバッテリーだけで十分使えそうです。

インターフェイス

ここからはインターフェイスを見ていきます。

左側面のインターフェイス
  • 電源
  • HDMI 1.4
  • USB 3.2 Gen1(Type-A)
  • USB 3.2 Gen2(Type-C)
  • マイク・イヤホンコンボジャック

USB Type-Cはデータ転送のみで、映像出力や給電には対応していません。

右側面のインターフェイス
  • MicroSDカードリーダー
  • USB 3.2 Gen1(Type-A)
  • LAN
  • セキュリティスロット

有線LANも接続できますが、次世代通信規格のWi-Fi 6に対応。

Bluetooth 5.1にも対応しているので、マウスなどの周辺機器をワイヤレスで快適に動かせます。

背面

背面に端子類は何もありません。

インターフェイスは少なめなので、用途に合わせてUSBハブやカードリーダーなどを活用しましょう。

キーボード

キー配列

キーボードはテンキーを含む日本語配列。

Excelなどの作業で数字を打ち込むことが多い方も安心。

打鍵感はパタパタ系で、ノートPCとしてはまずまずな印象です。

左側の配列
右側の配列

最下段だけ縦幅が長めに設計されているのは少々気になりましたが、目立ったクセもなくタイピングしやすいです。

タッチパッド

タッチパッドは本体の大きさと比べると、少し小さめに感じました。

据え置きで使うときは、なるべくマウスを使ったほうがよさそうです。

ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイは15.6インチのフルHD(1,920×1,080)解像度。

ノングレア(非光沢)かつナローベゼル(狭額縁)で、とても見やすいです。

Webカメラ

ディスプレイ上部にはHD画質のWebカメラとマイクも搭載。

テレワークなどでオンライン会議を多用する方も安心です。

最大開閉

ディスプレイは最大でここまで開きます。

タッチパネルには対応していません。

sRGBカバー率約91%

色域のグラフ
ガンマカーブ

i1 Profilerでディスプレイの色域をチェックした結果は以下の通り。

DX-C5の色域
  • sRGBカバー率:90.9%
  • AdobeRGBカバー率:70.3%

低価格帯のノートPCとしては、そこそこ広い色域です。

肉眼で見る分にはまったく気になりませんが、厳密な色管理が求められる業務ではカラーマネジメントモニターにつなげましょう。

DX-C5のベンチマーク結果

ドスパラ DX-C5ここからはDX-C5の性能を、各種ベンチマークソフトを使用して数値化していきます。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

PCmark 10

PCmark 10

パソコンの総合的な性能をチェックするベンチマークソフト、PCmark 10のスコアは3,700でした。

ExcelやWordなど、一般的な事務作業であれば快適にこなせるスコアです。

Digital Content Creationのスコアは低めなので、動画編集などの用途ではパワー不足を感じる場面が多くなるでしょう。

CPU(CINEBENCH)

CPUの性能をCINEBENCHでチェックしました。

R15
R15
R20
R20

主なノートパソコン用CPUと、ベンチマーク結果(CINEBENCH R15)を比較した結果は以下の通り。

CINEBENCH R15 スコア比較
Core i7-1065G7
832
Core i7-10810U
718
Core i5-10210U
522
Ryzen 3 4300U
516

薄型ノートPC向けのCore i5なので、順当なスコアといえそうです。

GPU(Fire Strike)

Fire Strike

内蔵GPU(Intel UHD Graphics)の性能をFire Strikeでチェックしました。

Fire Strike スコア比較
GeForce GTX1050
5,436
Intel Iris Xe Graphics
3,456
Radeon Graphics
3,241
Intel UHD Graphics
1,027

CPU内蔵型のGPUなので、妥当なスコアです。

最新パソコンゲームをサクサク動かせるようなパワーはありませんが、Youtubeなどの動画を見たり、ちょっとした動画編集程度なら問題なくこなせます。

ストレージ(Crystal Disk Mark)

Crystal Disk Mark

転送速度をCrystal Disk Markでチェックしたところ、読み込みで550MB/sという結果でした。

搭載されているSSDはSATAタイプのようです。

ストレージの種類による平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000~
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

NVMe M.2 SSD(Gen4)は、今のところ限られた環境下でしか使えません。

転送速度にこだわる方は、+2,000円(税別)の追加オプションで読込速度3,000MB/sのNVMe SSD 256GBへのカスタマイズがおすすめです。

パソコンゲーム

参考までにゲーム用のベンチマークソフトをフルHD解像度の設定で走らせたところ、FF14は標準品質でも厳しい結果になりました。

ドラクエXのようなグラフィックがとても軽いゲームなら、それなりに動かせるようです。

パソコンでゲームがしたいなら、素直にゲーミングPCを買いましょう。

ドスパラのガレリアなら最安で7万円台からラインナップがあります。

FF14のベンチ-マーク
最高品質902(動作困難)
高品質1324(設定変更が必要)
標準品質1752(設定変更を推奨)
DQXベンチマーク
最高品質3338(普通)
標準品質3935(普通)
低品質4619(普通)

事務用途や普段使いにおすすめ

ドスパラ DX-C5

最後にもう一度、ドスパラのDX-C5の特徴をおさらいします。

59,980円~で買える低価格

シンプルに振り切ったデザイン

15.6型の薄型・軽量モデル

テレワークや事務仕事で活躍

性能に過度な期待は禁物

突出した性能は持ち合わせていないものの、テレワークや事務仕事を難なくこなせる実力があります。

「動画を見たり、ブログを書いたりするための手ごろなPCが欲しい」

「オンライン会議ができれば問題ないので、なるべく安いPCが欲しい」

そんな風に考えている方に、ぴったりハマりそうです。

記事執筆時点では翌日出荷という超スピード納品に対応していて、48回まで分割手数料が無料になるキャンペーンも実施中。

なるべく安く、そこそこ使えるノートPCを探している方は、ドスパラのDX-C5を検討してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。