基礎知識

クリエイターPCの選び方と購入時の注意点|各メーカーの特徴を解説

クリエイターPCの選び方

パソコンってたくさんありますよね。

大型のデスクトップパソコンから持ち運びに便利なタブレットタイプ、最新のオンラインゲームも楽しめるゲーミングノートまで。

パソコンに限ったことではないものの、道具は用途に合わせて使うのがベスト。

フォトグラファーやイラストレーター、動画やCADなどのクリエイティブ用途でパソコンを用いるならなおさら、道具の選び方は仕事の成果や効率に直結します。

このページでは、パソコンにあまり詳しくない方へ向けて、クリエイター向けPCの選び方と購入時の注意点について詳しく解説します。

近いうちにパソコンの買い替えを考えている方、クリエイターパソコンが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

一般的なパソコンとクリエイターPCのちがい

まず、クリエイター向けのPCと一般的なPCのちがいは何だと思いますか?

クリエイターがPCを使う目的は主に画像や動画の編集、図面を作成・修正するなど比較的動作が重たいと言われる作業が多いため、パソコンの処理速度が重要です。

ひとつの処理で何分も待たされたら時間がもったいないですし、なによりイライラしますよね。

このパソコンの処理速度に大きな影響を与えるのがCPU(Central Processing Unit)やGPU(Graphic Processing Unit)と呼ばれるデバイスです。

また、動画などはファイルサイズそのものが大容量となるため、記憶媒体(ストレージ)の容量も一般的なPCより多く搭載していることがほとんど。

パソコンを選ぶときに迷わないように、最低限知っておきたいポイントを順に解説します。

CPU

まずは先ほども登場したCPU(Central Processing Unit)について。

CPUの性能はクロック周波数とコア数によって決まります。

クロック周波数は1秒間に演算できる回数を表し、クロック周波数が大きければ大きいほど処理速度は速くなります。

コア数はその名の通り演算の中核部分の数を表します。パソコンにとっての脳みそみたいなものとお考え下さい。

ディメンションXの帝王のクランゲ

PCが誕生した頃は1つのコアしかありませんでしたが、現在はマルチコアと呼ばれる複数のコアを持ったPCが登場しています。

2つコアを持っているものはデュアルコア、4つをクアッドコア、6つをヘキサコア、8つコアをオクタルコアと呼んでいます。

4コア8スレッドのイメージ図

複数のコアを持つことで複数の処理を同時並行で処理できるようになるため、コア数が多ければ多いほど、処理が速くなります。

ただし、時系列でないとできないような処理の場合は、コア数を増やしてもあまりメリットがないので注意が必要です。

CPUについては以下の記事でも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

DAIV-NG5500シリーズ
写真編集用パソコンはCPUが重要!DAIV-NG5500レビューカメラをはじめて買うとき、どのメーカーにするか、どのモデルを選ぶかで人は心底悩みます。 画素数やレンズの焦点距離、ファインダー倍率...

GPU(グラフィックス)

続いてGPU(Graphic Processing Unit)についてです。

まずCPUとGPUのちがいとは何でしょうか?

どちらも計算をするという点でいえば、同じような役割を担っています。

GPUはコンピュータグラフィックスの演算を専門に行う画像処理装置で、NVIDAという会社が開発しました。

GPUの特徴はCPUに比べてはるかに多くのコアを搭載しており、大量の単純な処理速度が優れています。

パソコンのオンラインゲームで遊ぶ場合、GPUが搭載されていないとまともに動かせないものがほとんどです。

高画素の写真データや動画編集、CGやCADの制作でもGPUは活躍してくれます。

GPUの名称はさまざま

「GPUとビデオカードって何がちがうの?」

「グラフィックボードってGPUとは別のパーツ?」

と私も最初は戸惑いました。

GPUはさまざまな呼ばれ方をしていて、どれも同じものを指しています。

当ブログでは、GPUのことをグラフィックスと書くことが多いですね。

全部GPUのこと
  • ビデオカード
  • グラフィックス
  • グラフィックボード など

ストレージ

続いてストレージについて。

スマホを買うときにもストレージという用語は登場しますから、ある程度知っている方も多いのではないでしょうか。

一昔前まで、PCで作成したデータを保存するためのストレージはHDD(Hard Disk Drive)が主流でした。

しかし、データ容量が増えてきた現在、読み書きを高速に行うことができるSSD(Solid State Drive)の人気が高まっています。

HDDとSSDの特徴を簡単に表にまとめてみました。

HDDSSD
価格安い高い(値下がり中)
動作時うるさい無音
読み込み速度(MB/s)100~200500~2400
耐衝撃性振動で壊れやすい振動にも壊れにくい
データ容量大容量(数TB)低容量(数百GB)

読み込み速度でいうと最大で24倍速いことがわかります。

最近は、SSDとHDDそれぞれの弱点を補い合ったSSD/HDDハイブリッドタイプ(デュアルストレージ)も人気ですね。

パソコンの根幹となるソフトウェアは低容量で高速なSSDにいれ、データの保存は大容量のHDDに行うのが効率的です。

またSSDの中でも種類あり、転送速度が大きく異なるので注意が必要です。

SSDの転送速度のちがい

NVMe M.2に対応したSSDは転送速度がとても速く、値段も高額です。

デスクトップ、ノートパソコンともに、ハイエンドモデルに搭載されていることが多いですね。

ストレージについてはもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

HDDとSSDのちがい
HDDとSSDの選び方!写真データを保存するストレージの基礎知識パソコンのストレージ(保存容量)についてイマイチ詳しくない方も多いですよね。このページでは、デジカメで写真を撮る上で知っておきたいストレージの基礎知識について詳しくご説明します。写真のデータがどんどん貯まってきている方は、ぜひチェックしてみてください。...

メモリ

最後にメモリについて。

CPU、ストレージと並んで重要なのがメモリです。

CPUがいくら高速でもメモリの容量が小さいと動作が遅くなってしまいます。

例えばPhotoshopのような画像処理ソフトの起動に必要な時間を比べると、メモリ8GBで約5秒に対し、メモリが64GBだと半分の約2.5秒まで短縮されます。

素材の読み込み時間も同様に、メモリを増やすことで大幅に短縮可能です。

Premiere proで動画を編集しながら、Twitterのタイムラインを追いつつ、Slackでやりとりもしつつ・・・といった複数の作業を同時で行うときもメモリが活躍してくれます。

8GBでもパソコンを動かせないということはありませんが、できれば16GB以上積んでおきたいところ。

メモリで重要なのは容量ですが、速度も重要なので注意しましょう。

パソコンのメモリとは
パソコンのメモリは何GB必要?写真の加工・編集に必要な容量を解説ある程度パソコンの知識がないとメモリのことなんてよくわからないですよね。メモリについてイマイチ理解していない方は、このページでメモリの基礎知識について学びましょう。近いうちにパソコンの買い換えを考えている方はとくに、ぜひチェックしてみてください。...

用途別で異なるパソコン選びのポイント

クリエイターPCを選ぶときの基礎知識について解説したところで、ここからは用途別に注意すべき点を解説します。

一言でクリエイターPCといっても、例えばフォトグラファーとCGデザイナーに必要なスペックはまったく別物。

どういったパソコンを選べばいいのか、ぜひ参考にしてみてください。

写真・RAW現像

Lightroomで現像中の様子

まずは写真編集やRAW現像をメインに考えている方について。

説明不要と思いますが、RAWデータは通常のjpgなどの圧縮ファイルと比べてデータサイズがとても大きいです。

「自分はjpgでしか撮らない! RAWで撮るなんて負けだ!」

という方もいますが、そこは自由にしてください。

大量のRAWデータを扱う場合、読み書き速度が十分速い(CPUおよびメモリ)、大容量データを保存できる(大容量ストレージ)PCを選ぶことが大切です。

CPUの目安はCore i5以上、メモリは8GB以上、ストレージは1TB以上あれば十分なスペックと言えます。

GPUはないよりあったほうがいい程度で、IntelのCPUに内蔵されているグラフィックスでも十分動かせます。

RAW現像はCPUの性能が大きく影響を与えるため、予算が許すならCore i7以上のCPUが搭載されたモデルを選びましょう。

写真用パソコンの選び方
RAW現像におすすめのパソコンの選び方!主要モデルのスペックを比較写真が趣味だなんて、なんと罪深い世界へ足を踏み入れたのでしょうか。 交換レンズや三脚、カメラバッグに防湿庫、お金がいくらあっても足...

動画編集

動画編集中の様子

Youtube動画などの編集をメインに考えるなら、写真以上にデータサイズが増えるため、大容量のストレージは必須。

CPUとメモリも性能の高いものを選ばないと、処理速度の遅さにストレスを感じます。

動画編集でとくに大切なのはGPUの存在。

高性能なGPUを搭載しておけば、動画編集時の快適度は大幅にアップします。

ただし、GPUの性能を高めるほどコストも上がっていく点に注意しましょう。

具体的にどのような作業をするのかが明確でない場合は、多少値段が高くなっても高性能なGPUが搭載されたPCを使うことをおすすめします。

CPUはCore i7以上、メモリは16GB以上、ストレージは1TB以上あれば十分なスペックと言えます。

GPUに関してはNVIDIAのGTX1050以上がおすすめです。

イラスト・漫画

パソコンでイラストや漫画を描く場合、保存も圧縮ファイルで問題ないので、RAW現像や動画編集と比べるとCPUやメモリ、ストレージのスペックは抑え目で問題ありません。

たとえば、CLIP STUDIO PAINTの推奨環境はメモリ8GB以上、SSE2に対応したCPUとなっています。

クリエイターPCでなくとも、一般的なノートパソコンでも十分に動かせるスペックです。

パソコンのスペック以上に、自分のタッチにあったイラストを描けるかどうかという点でユーザーインターフェース(UI)が重要です。

CPUがCore i3以上、メモリは8GB以上、ストレージは500GB以上あれば当面は問題ないでしょう。

ペンタブや液タブを無線で使用するつもりなら、Bluetoothでワイヤレス接続できるかどうかも要チェックです。

3DCG・CAD

3Dを使ったCG(Computer Graphics)、CAD(Computed Aimed Design)はCPUおよびメモリが重要です。

3Dデータを扱うため、パソコンの処理速度が遅いと非常にストレスを感じてしまいます。

またグラフィックボード(GPU)の性能も重要です。

画面のリフレッシュがスムーズでなければ同じように画面遷移が遅れてしまい、作業がはかどりません。

保存するデータに関してはかなり圧縮されるため、RAWデータや動画編集ほどストレージストレージ容量を必要としません。

CPUはCore i5以上、メモリは16GBあれば十分なスペックといえます。

VR

VR(Virtual Reality)開発で最も重要になるのはGPUです。

動画の画像処理を3D化する、すなわち2次元の動画処理を3次元にするのでかなり複雑で処理の多い作業です。

そのため、画像に関する演算処理の高速化が最も重要で、いくらCPUが高速でもGPUがついていけなければ作業は滞ってしまいます。

まずはGPUを決め、そこからCPU、メモリ、ストレージを選べば大きな失敗はないでしょう。

GPUはGTX1070以上、CPUはCore i7以上、メモリは16GB、ストレージはSSD/HDDのデュアルストレージなら十分なスペックといえますね。

DTM

DTM(DeskTopMusic)の開発で重要になるのはCPUです。

例えば複数の楽器を同時に演奏したいとき、CPUの性能が低いと音が切れたり演奏が途切れたりします。

CPUはCore i5以上、メモリは8GB以上にしておけば十分なスペックと言えます。

画像処理を求められることは少ないため、GPUは無視しても問題ありません。

価格を抑えたい場合でも最低Corei3は必要と考えてください。

クリエイターPC購入時に注意すべきこと

ここまで用途別のポイントについてご説明しました。

ここからは、「クリエイターPCを買おう!」と思ったときに注意すべき点について解説します。

量販店で取り扱いが少ない

まず最初に挙げられるのは、クリエイターPCは一般的な量販店で実物を触れないという点があります。

ビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店で売られているPCは、汎用的なモデルがメインのため、クリエイターPCはほとんど取り扱っていないことも多いですね。

クリエイターPCを購入するときは、パーツ構成(メモリやCPU、ハードディスクなど)を自由に選べるBTO(Build To Order)パソコンがおすすめ。

BTOは用途や予算に合わせてパソコンを探せるのが大きな魅力です。

具体的にどんなメーカーがおすすめなのかは、後程ご紹介します。

ゲーミングPCとのちがい

NEXTGEAR-NOTE i5330の外観

「ゲーミングPCとは何がちがうの・・・?」

と感じた方もいるかもしれませんね。

高性能なPCという点では、クリエイターPCとゲーミングPCは同じです。

しかし、ゲームとクリエイティブ用途ではパソコンに求められるスペックが大きく異なります。

たとえば、ゲーミングPCのメモリは8GBもあれば十分ですが、クリエイターPCの場合は16GB以上はほしいですね。

さらに大きく異なるのはGPU。

ゲーミングPCはDirectXという動作が主流なため、NVIDIAのGeForceというGPUがグラフィックボードが良く使われています。

一方、AdobeなどのソフトウェアはOpenGLという動作が主流。

前述のGeForceはOpenGLの処理が苦手なため、OpenGLと相性の良い同じNVIDIA社のQuadroシリーズを搭載することが多いです。

CPUに関しては、ゲーミングPC、クリエイターPCともに高性能なものを搭載するのが望ましいです。

ノートかデスクトップか

DAIVのデスクトップモデル

ノートパソコンかデスクトップパソコンかで迷う方もいることでしょう。

最近はノートPCの価格も下がってきましたが、それでも同じ価格帯で比較するとデスクトップの方がコストパフォーマンスは高め。

拡張性の高さ(後からパーツを交換・追加しやすい)もあるため、基本的にはデスクトップがおすすめです。

とはいえデスクトップは持ち運ぶのが大変です。

クライアントと打ち合わせをするときはノートPCを持参、実作業はデスクトップと使い分けられるとベストですね。

ノートパソコンのサイズに要注意

クリエイターPCのノートパソコンは、一般的なノートパソコンと比べて大型になりがち。

高性能なCPUとGPUを搭載すると、発熱の処理などの関係からどうしてもサイズが大きくなってしまいます。

もっとも人気が高いのは15.6型ですが、小さめのビジネスバッグだと入らない可能性もあります。

「こんなに大きいとは思わなかった・・・」

と後悔しないように、サイズを確認したうえで選びましょう。

カラーマネジメントモニターも必要

フォトグラファーやイラストレーターにとっては、カラーマネジメントも重要な問題です。

クリエイター向けのノートパソコンには、AdobeRGB比100%のディスプレイを搭載したモデルもありますが、ハードウェアキャリブレーションには対応していません。

正しい色を表示できる性能を持ち合わせていても、適切に調整しないと色はどんどんずれていくものです。

パソコンだけではなく、周辺環境を整えることも考えていきましょう。

BenQカラーマネージメントモニターSW2700PTのレビュー昨年末にBenQの27インチカラーマネジメントモニター、SW2700PTを購入しました。2ヶ月ほど使ってみたのですが、カラーマネジメント...

性能と価格は比例する

最後にもうひとつ、クリエイターPCに限らず、パソコンの性能と価格は比例します。

性能が高くなればなるほど価格が高くなるのは当たり前ですよね。

なかでもQuadroシリーズのGPUを搭載したモデルは、高いものだと100万円を超えていきます。

あれもこれもと選んでいくと懐がどんどん寒くなっていくため、予算に合わせてパソコンのスペックを選びましょう。

クリエイターPCを取り扱うメーカー

購入時の注意点について解説したところで、クリエイターPCを取り扱うブランドについてご紹介します。

気になるメーカーがあれば、ぜひチェックしてみてください。

タイミングよくセールが開催されていれば、お得に購入できますよ。

DAIV(マウスコンピューター)

DAIVシリーズ

まず最初にご紹介するのは、テレビCMでよく見かけるマウスコンピューターが手掛けるDAIVというブランド。

カスタマイズ可能な項目が豊富な点をはじめ、使用するパーツを共同開発、大量購入することで低価格販売を実現していることが最大の特徴です。

利用目的にあわせたカスタマイズを行い、必要なパーツを必要なだけ選べますよ。

また、サポートも充実しています。

1年間無償での補償サービスのほか、24時間体制でサポートを受けられるのもうれしいポイント。

最近は法人でも使用される機会も増え、品質もマイクロソフトからOEM認定を受けるなど高い品質や満足度が保証されています。

DAIVについて詳しく見る

以下の記事でもDAIVの魅力を解説しているので、あわせてご覧ください。

DAIVがおすすめな理由
DAIVのおすすめモデルや評判を調査!購入時に注意すべき点マウスコンピューターのDAIVをいくつか試してみたところ、クリエイターにとって使いやすいのは事実。しかし購入前に知っておくべき注意点もあります。このページはDAIVの魅力と注意点について解説。パソコンの買い替えを検討中の方は、ぜひご覧ください。...

レイトレック(ドスパラ)

ドスパラ

ドスパラもBTOパソコンメーカーとして有名です。

新しい技術を搭載したパーツをいち早く導入しているため、最新技術を使った高性能PCを入手できるのが特徴です。

ドスパラ=ゲーミングPCというイメージを強く持たれがちですが、レイトレックというブランドでクリエイターPCにも力を入れています。

raytrektabなどの独自商品を取り扱っているのも魅力のひとつですね。

商品ラインナップも幅広く、とくにデスクトップは拡張性に優れており、のちのちバージョンアップを行いやすいと評判です。

ドスパラについて詳しく見る

パソコン工房

パソコン工房

パソコン工房は店舗数が多いのが最大の特徴です。

BTOパソコンはCPUやメモリなどを用途に合わせて選べますが、あまりにも種類が多すぎて、どれを選べばよいかわからないこともよくあります。

店舗にはPCに詳しい店員さんがいるので、相談しながらパソコンの構成を決め、発注することができます。

店舗で購入すれば送料がかからない分、安くできるというメリットもあります。

なにかトラブルが発生したときも、店舗ならすぐに見てもらえるのもメリットのひとつですね。

パソコン工房について詳しく見る

フロンティア

フロンティア

BTOパソコンメーカーのフロンティアは、ヤマダ電機グループの1社。

カスタマイズできる項目や種類が少ないというデメリットはありますが、その分、コストパフォーマンスに優れています。

また、電源は日本製コンデンサを使用するなど製品管理が徹底されていることも特徴のひとつです。

「クリエイターPCをとにかく安く購入したい!」

という方はぜひチェックしてみてください。

フロンティアについて詳しく見る

eX.computer(ツクモ)

ツクモ

ツクモもヤマダ電機の子会社で、フロンティアと兄弟分と言えます。

いちからカスタマイズするというよりは、決まったラインナップの中から自分の好みのPCを選び、不足分をカスタマイズする形です。

プロカメラマンが監修したコラボモデルなどを取り扱っているのも特徴ですね。

カスタマイズ種類は豊富で、価格も比較的安めです。

eX.computerについて詳しく見る

エプソン

エプソン

最後にもうひとつ、プリンタで有名なエプソンもBTOパソコンを販売しています。

価格は他のBTOメーカーと比べて高めで、最新パーツの搭載は少し遅いように感じます。

価格が高くても保証のしっかりしているパソコンを買いたい方をはじめ、ブランド力を重視する方におすすめです。

エプソンについて詳しく見る

クリエイターは用途に合ったパソコンを

クリエイターPCと言っても用途によって求められるスペックはさまざま。

量販店で販売されている汎用的なモデルだと、細かいカスタマイズに対応していないことも多いです。

用途に合ったパソコンを手に入れたいなら、BTOパソコンを検討してみてください。

マウスコンピューターやドスパラのように、有名かつ人気の高いBTOパソコンメーカーはラインナップも豊富でサポートも充実しています。

まずはあなた自身がパソコンで何をしたいのかを明確にして、どんなパソコンを買うべきかを考えてみましょう。

クリエイターPCは安いものでも10万円前後しますから、買ってから後悔しないようにしたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。